PR
PR

「海上保安業務を的確に」 新田1管本部長が着任会見

 【小樽】7月31日付で就任した第1管区海上保安本部(小樽)の新田慎二本部長(52)が17日、小樽市内の同本部で記者会見し、「関係機関と連携しながら、海上の安全と安心を確保していく」と決意を述べた。

 新田本部長は鳥取県出身で、1989年に旧運輸省に入省した。海上保安庁警備救難部国際刑事課長や新関西国際空港会社審議役などを経て、前任は国土交通省自動車局総務課長。道内勤務は初めて。

 会見で重点課題として《1》領海警備とテロ対策の徹底《2》密漁や外国漁船による違法操業の取り締まり《3》海難防止対策の推進―などを挙げ、「道民の期待に応えられるよう海上保安業務を的確に進めていきたい」と意気込んだ。(谷本雄也)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る