PR
PR

運転再開控え車両点検、JR呉線 西日本豪雨の被害で運休中

 JR西日本は17日、西日本豪雨の影響で運休している呉線の運転再開に向け、広駅(広島県呉市)で実施した車両点検の様子を報道陣に公開した。呉線広―呉間は20日に運転を再開する。

 点検の際に危険がないよう架線の電気を止めた後、係員がパンタグラフや床下の機器をハンマーでたたいて異常がないか音を確かめたり、警笛を鳴らしたりした。担当した広島支社の佐藤宏司車両課長(45)は「運休でご迷惑をおかけしている。一日も早い復旧に向けできることをしっかりやっていきたい」と話した。

 呉線は豪雨のため、7月6日から全線で運転を見合わせた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る