PR
PR

マグロ解体帰ってくる 26日に5年ぶり帯広市場まつり 300食限定で特選海鮮丼

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1)の「市場まつり」が26日、5年ぶりに復活する。マグロの解体実演などを目当てに1万人以上が来場した人気イベントだったが、人手不足などを理由に2013年を最後に休止していた。市場離れが進み、取扱額が減少傾向にあることなどから、市場の存在をもう一度身近に感じてもらおうと再開を決めた。

 今回は買受人組合も主催に加わり、同市場と共催で実施する。普段は一般が入場できない卸売場をメイン会場に、その場で解体した生マグロや花咲ガニ、タラバガニなど4種のカニを販売。通常は一般販売を行っていない水産会社や漁協が特別に出店し、切り身魚やカキなどの海産物を割安で販売する。今回初めて特選海鮮丼(300食限定、700円)も用意する。

残り:336文字/全文:660文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る