PR
PR

復興願い、岡山・真備で夏祭り 地元有志ら企画

 西日本豪雨の影響で夏祭りの中止が相次いだ岡山県倉敷市真備町地区で16日、地元有志グループによる夏祭りが市立呉妹小前で開かれ、住民らが笑顔を見せた。参加者らは復興の願いを込め、メッセージカードを付けた色とりどりの風船を空に放った。

 「豪雨の後、子どもが遊ぶのを我慢している」という声を聞いた市内のミュージシャンの集まりが企画し、地元商店街も協賛。唐揚げやかき氷などを振る舞い、ライブ演奏も披露した。風船に付けたカードには「がんばろう真備」「できるだけ早く元に戻るように」と書かれていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る