PR
PR

「来る店ゆく店」美唄焼き鳥「福よし」 守屋裕之(東京写真課)


 東京で同郷のお店に集まって昔話をするなんて、ドラマの中の出来事とずっと思っておりました。が、実際に北海道を離れてみると、年のせいかとても居心地のいい、都会の中の隠れ家でありました。

店内に貼っていただいた同窓会のポスター
店内に貼っていただいた同窓会のポスター

 店では北海道の高校を出て東京在住となったOB・OGによる同窓会も行われていて、告知のポスターも貼られていました。私の母校もお世話になり、同窓会では袋入りの「福よしそば」の即売に協力していただきました。

 ランチも行っていて、昼も夜も通った「福よし」さん。スタッフさんは札幌や岩見沢の系列店で活躍しているとのことです。

ランチもボリューム満点
ランチもボリューム満点

 みなさま、ぜひ故郷でご活躍を。そして、東京で再開していただければ。こちらでがんばっている道産子たちは、みんな待っています!

 福よしさんのような拠り所は、首都圏にほかにも、まだまだたくさんあるようです。取材も兼ねて小さな「ふるさと」を探していきたいと、日々考えています。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る