PR
PR

トランプ氏、批判勢力を排除 元CIA長官への機密遮断

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は15日、ブレナン中央情報局(CIA)元長官が政府の機密情報に触れる権限を剥奪し、機密へのアクセスを遮断した。オバマ前政権の他の元高官の権限剥奪も検討しており、トランプ政権に批判的な勢力を情報機関の活動から排除する狙いとみられる。

 情報機関高官らは退任後も機密に触れることが慣例として認められている。ブレナン氏は「批判する者を罰し、言論の自由を弾圧する行為だ」とツイッターで非難し、今後も政権批判を続ける考えを表明した。

 ホワイトハウスのサンダース報道官が15日の記者会見で権限剥奪を決めたトランプ氏の声明を発表した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る