PR
PR

中国、安倍首相を批判 玉串料奉納「断固反対」

 【北京共同】中国外務省の陸慷報道局長は15日、安倍晋三首相が靖国神社に玉串料を奉納し、一部の国会議員が参拝したことに関し、靖国神社は極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯を合祀していると指摘した上で「日本の誤ったやり方に断固反対する」と批判するコメントを発表した。

 ただ日本に軍国主義と徹底して一線を画すよう求めた昨年と比べ、批判のトーンをやや抑えたコメントとなった。改善が進む日中関係に大きな影響が出るのを避けようとした可能性がある。

 陸氏は日本側は侵略の歴史を直視し、深く反省するとともに実際の行動でアジアの隣国や国際社会の信用を得るよう求めると強調した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る