PR
PR

新政府専用機、17日に千歳到着 空自、整備や運航を訓練

 【千歳】政府が首相や皇室の外国訪問などに使用する政府専用機の後継機1機が、17日午前に千歳市の航空自衛隊千歳基地に到着する。空自は2019年度の運用開始に向け、整備や運航の訓練を行う。

 後継機は米大手航空機メーカー・ボーイングの777―300ER。空自によると、内装作業を終えてスイスを16日に飛び立ち、17日午前7時ごろ千歳基地に到着する。残り1機は12月に配備される予定。

残り:52文字/全文:241文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る