PR
PR

東条首相開戦前夜発言のメモ発見 天皇に動揺なく「すでに勝った」

 太平洋戦争の開戦前夜、昭和天皇への報告を終えた東条英機首相の発言や様子を記したメモが14日までに見つかった。開戦の手順を報告する東条に、昭和天皇が「うむうむ」と応じ、動揺を見せなかったことから、東条は「全く安心している。このような状態であるから、すでに勝ったと言うことができる」と述べたという内容。東条の発言を書き留めた湯沢三千男・内務次官=1963年に死去=のメモを遺族が保管していた。

 開戦前日の41年12月7日、昭和天皇が東条から報告を受けたことは「昭和天皇実録」に記載されているが、その様子が明らかになるのは初めて。東条が「重荷を下ろしたような様子だった」「微薫を帯び(酒に酔っており)」「陛下に褒められてもいいだろうと語った」と、賛意を得た満足感や緊張から解放された様子が記されており、昭和天皇との関係を探る手掛かりとなる。

 メモは、東京・神田神保町の古書店主、幡野武夫さん(73)が2010年ごろ、湯沢の娘婿で内務官僚の大野連治・元青森県知事(官選)=91年に87歳で死去=の遺品を整理中に発見、解読を進めていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る