PR
PR

道南でクマ目撃相次ぐ 人に慣れた可能性

 道南でヒグマの出没が相次いでいる。道警函館方面本部管内の各署に通報があったクマの目撃・捕獲件数は、7月は74件と今年最多。8月も13日までに少なくとも45件に上った。多くは山間部での目撃だが、人慣れして車や人に近寄ると危害が及ぶ危険性があるため、道警は注意を呼び掛けている。

 同本部地域課によると、クマの姿や足跡などの目撃や捕獲の件数は、今年1~7月は144件で、前年同期の122件から2割増加。過去5年で最多だった2015年の132件を上回った。

残り:510文字/全文:735文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る