PR
PR

大町桂月の生誕150周年 東川で催し続々 展覧会や旭岳登山ツアー

 【東川】町は、大雪山系の名を全国に広めた明治、大正期の作家大町桂月(おおまち・けいげつ)の生誕150年を記念した展覧会や登山ツアーを14日から相次いで実施する。

 桂月は1921年(大正10年)、上川町層雲峡から旭岳を経て東川町の羽衣の滝まで縦走。紀行文として発表し、大雪山系の魅力を発信した。その功績をたたえて桂月岳(1938メートル)に名前が刻まれている。

残り:267文字/全文:447文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る