PR
PR

西日本豪雨、復旧や被災者支援に4千億円 84自治体が補正予算

 西日本豪雨で被災した自治体が応急復旧や被災者支援のため編成した補正予算額が、少なくとも84自治体で計3946億円に上ることが13日、共同通信のまとめで分かった。道路や河川の本格復旧にかかる費用は国の補助を受けるため多くの自治体が査定中で、さらに膨らむのは確実だ。

 西日本豪雨で災害救助法の適用を受けた11府県107市町村を対象に、13日までに首長が議会の議決を経ない専決処分をしたり、議会で可決したりした補正予算について、豪雨に伴うものを集計した。

 市町村を含めた府県別で最も多いのは広島県の2045億円、次いで愛媛県982億円、岡山県565億円。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る