PR
PR

【帯広市】韓国焼肉 あんじゅ

こだわりの肉 食べ比べて

 食欲が落ちる夏こそ、焼き肉でスタミナをつけたい。帯広市中心部にある「あんじゅ」は、こだわりの肉と韓国の家庭料理が楽しめる焼き肉店。創業23年、元旅館を再利用した店内には、年代を感じさせる調度品がそこかしこに飾られレトロな雰囲気が漂う。

 自慢は十勝産を中心に吟味して仕入れる国産肉と、開店当時に働いていた韓国人スタッフ直伝のレシピによる本場料理の数々。総菜やスープ、鍋物、麺類、ご飯物まで幅広いメニューをそろえる。

 1番人気の「カルビ」は、かむほどに肉汁があふれ、甘い脂は舌の上でとろけるよう。「サガリ」はさっくりとした歯触りで、内臓ならではの深いうま味が感じられる。「上ロース」は地元産。3、4センチもの厚みがあり、表面をしっかり焼けば中はレアで食べられる。はさみで切り分けると、極上のやわらかさが手に伝わってくるほどだ。しっとりきめ細かい肉質で、赤身の上品な味が堪能できる。「品質に自信を持って出しています」と店主の有安由紀男さん。

 焼き肉以外の一品料理も充実している。「チャンジャ」はタラの内臓のキムチ。ニンニク、ネギと一緒に食べると、凝縮されたタラのうま味に薬味の刺激が加わって、お酒もご飯も進む。自家製のキムチ盛り合わせは、それぞれに辛さや漬かり具合が違い、食べ比べが楽しい。「ムンチナムル」は4種の野菜をミックスしたナムル。ごま油の香ばしさと野菜のシャキシャキ感が、いい箸休めになる。

 3、4人前のボリュームがある「サムゲタン」は、丸ごと一羽の鶏の腹に、もち米とニンニクや朝鮮ニンジンなどを詰めて煮込んだ薬膳料理。同店では完成後さらに野菜や薄切りのもちを加え圧力鍋で煮て仕上げる。鶏はスプーンを入れるとほろりと崩れ、骨まで軟らかく煮えている。熱々のスープは夏の疲れを癒やす優しい味わいだ。汗をかきながら楽しみたい。

住所 帯広市大通南9
電話番号 0155・26・5464
営業時間 午後5~11時(日曜は午後10時まで)、ラストオーダー各1時間前
休日 不定休
主なメニューと料金 「カルビ」972円、「サガリ」842円、「上ロース」1458円、「チャンジャ」518円、「キムチ盛」972円、「ムンチナムル」378円、「サムゲタン」3024円
総席数 72席(禁煙席なし)
駐車場 なし

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る