PR
PR

木古内の民家近くにクマ2頭 松前では町道横切る

[PR]

 【木古内】11日午前5時20分ごろ、町亀川の民家に住む70代女性が家の中から屋外を見た際、約30メートル先の草地でクマ2頭が歩き回っているのを目撃し、110番した。木古内署によると、現場はサラキ岬から北東に約400メートルで、付近では10日ごろからクマの目撃が相次いでいる。

 【松前】11日午後2時ごろ、町荒谷の町道を散歩中の80代の男性が、約10メートル先の道路を横切るクマ1頭を目撃し、松前署白神駐在所に通報した。クマは国道のある海方向に立ち去った。同署によると、クマの体長は約1・5メートルで、現場は民家から約30メートル。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る