PR
PR

翁長知事の思いをつなごう 辺野古移設反対 道内でも集会

 那覇市内で行われた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」に呼応し、道内でも11日、各地で集会が開かれた。参加者たちは、反対運動の象徴的存在で8日死去した翁長雄志・沖縄県知事を悼みながら「翁長知事の思いを引き継ごう」と訴えた。

 札幌市中心部の路上では「沖縄県民大会に連帯する8・11北海道行動」が行われ、約130人の市民が集まった。「美(ちゅ)ら海埋めるな!!」と書かれた横断幕を手に「基地の問題は沖縄だけの問題ではない」と、声をからして通行人に呼び掛けた。

残り:113文字/全文:360文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る