PR
PR

台風14号、沖縄に接近 大雨、強風に注意を

 台風14号は11日、沖縄本島や宮古島などに接近した後、東シナ海へ進んだ。その後は中国大陸に向かい、13日にも熱帯低気圧に変わる見込み。気象庁は大雨や強風、高波などへの注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、沖縄では12日午後6時までの24時間に80ミリの雨量が予想され、雷を伴った激しい雨になる可能性がある。突風や竜巻の危険もあり、12日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄20メートル(30メートル)、奄美17メートル(30メートル)。波の高さは5メートル。

 台風14号は11日午後9時現在、宮古島の東約150キロの海上を時速約20キロで西へ進んだ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る