PR
PR

ロシア外相、新たな米制裁に反発 関係改善へ対話は継続

 【モスクワ、ワシントン共同】ロシアのラブロフ外相は10日、ポンペオ米国務長官と電話会談し、米国の新たな対ロ制裁は「断じて受け入れがたい」と伝えた。ロシア外務省が発表した。米国務省によると、2人は両国の関係改善に向けた対話継続で一致した。

 米政府は8日、英南部で3月に起きた元ロシア情報機関員らへの神経剤襲撃事件にロシアが関与したと断定し、国際法に違反して化学兵器を使ったとして新たな制裁を科すと発表した。

 ラブロフ氏は電話会談で、米英両国は襲撃事件にロシアが関与した証拠を示していないと訴えた。ポンペオ氏は対ロ関係改善への意欲を伝えた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る