PR
PR

北朝鮮、国連総長を批判 日本での非核化発言に反発

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の国連代表部は10日、グテレス国連事務総長が安倍晋三首相との共同記者発表で北朝鮮の完全非核化を求めたことについて「無謀な発言」だと批判する報道声明を発表した。

 グテレス氏が国連憲章で定められていない国際社会の「正常なメンバー」の資格に言及したと問題視。「特定の国を喜ばせるために制裁を声高に唱えるのではなく、朝鮮半島の平和と安定のために有益なことをするべきだ」と不満を表明した。

 グテレス氏は8日に安倍首相と東京で会談後、「完全で検証可能、不可逆的な非核化により、北朝鮮は国際社会で正常なメンバーになることができる」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る