PR
PR

倶知安G20成功へ豪政府協力 町に観光学校講師派遣

[PR]

 【倶知安】来年10月に後志管内倶知安町で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に伴う観光担当相会合について、オーストラリア政府が開催に向けて同町に協力することが分かった。同国の観光人材育成学校から講師を派遣し、町内の宿泊施設のサービス水準の底上げを図る。

 同町を訪れる海外スキー客の約3割がオーストラリアからで、国別では最も多い。関係者によると、在札幌オーストラリア領事館側から申し出があり、領事館と同町、後志総合振興局、ホテル事業者などが8日、合同で「日豪共同プロジェクト」を発足させた。

 オーストラリア政府は近く、自国の公立高等職業訓練専門学校(TAFE)から数人の講師を同町に派遣する。観光担当相らが宿泊施設のサービス水準を調査し、従業員向けの合同研修なども検討している。

残り:306文字/全文:647文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る