PR
PR

「ヤマ」13台 江差華やぐ 姥神大神宮渡御祭

 【江差】370年以上続くとされる北海道遺産の「姥神(うば がみ)大神宮渡御祭」の本祭が10日、檜山管内江差町で始まった。「ヤマ」と呼ばれる山車13台が、町内を勇壮に巡った。

 山車には武将の武田信玄などの人形が載せられ、水引やちょうちんなどで華やかに飾り付けられている。

 10日は大神宮を出発後、ニシン漁で栄えた町並みが残る「いにしえ街道」などの「下町」を巡行。はんてんを着た引き手たちが「ヨーイ、ヨーイ」と声を張り上げて山車の綱を引いた。日が暮れると、山車の電飾がまちを照らし、きらびやかな雰囲気に包まれた。

残り:141文字/全文:396文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る