PR
PR

空を彩る気球に歓声 バルーンフェス開幕 上士幌

 【上士幌】10日に十勝管内上士幌町航空公園で開幕した第45回北海道バルーンフェスティバル(同フェスティバル組織委、北海道新聞社主催)初日は、霧雨で午前中の競技が中止となったものの、天候が回復した午後に競技を開始。色とりどりの気球が十勝の空を彩った。

 道内外の35チームが参加した。午後4時ごろ、複数のスタート地点から気球が続々と離陸。地上4カ所に設けられたターゲット(目標)から一つを選び、上空からマーカー(砂袋)を投下してどれだけ目標に近く落下させたかを比べる競技など2種目を行った。

 3回目の参加で初めて代表パイロットを務めた「帯広畜産大学BCFP」の小崎綾乃さん(21)は「地上は少し風が強かったけど上空は穏やかだった。計画通りに飛ぶことができてよかった」と話した。

残り:46文字/全文:383文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る