PR
PR

金色みこし、根室巡る 金刀比羅神社例大祭

 【根室】道内三大祭りの一つに数えられる根室・金刀比羅(ことひら)神社例大祭が10日行われ、きらびやかなみこしと山車の行列が市街地を練り歩き、根室の短い夏を盛り上げた。

 江戸時代後期の豪商高田屋嘉兵衛が神社を建立した1806年(文化3年)から、形を変えながら続く伝統行事。北海道神宮例祭(札幌市)、姥神(うば がみ)大神宮渡御祭(檜山管内江差町)とともに北海道を代表する祭りとされている。

残り:177文字/全文:371文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る