PR
PR

日韓交流拡大へ有識者初会合 新たな共同文書作成が焦点

 日韓関係改善の在り方を話し合う「日韓文化・人的交流推進に向けた有識者会合」(座長=近藤誠一・元文化庁長官)の初会合が10日、外務省で開かれた。河野太郎外相は、植民地支配への反省と未来志向の関係発展を明記した日韓共同宣言から20年を迎える10月をめどに提言をまとめるよう要請した。提言を踏まえ、日韓両政府が新たな共同文書を作成するかどうかが焦点になる。

 日本政府は、有識者会合のほか、韓国側が出す提言も参考に新文書作成の検討を進める。交流拡大をてこに、歴史認識や領土問題でぎくしゃくする日韓関係を改善したい考えだ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る