PR
PR

石破氏、総裁選立候補を正式表明 「正直、公正」対立軸に

 自民党の石破茂元幹事長(61)は10日、国会内で記者会見し、9月の党総裁選への立候補を正式表明した。相次ぐ不祥事に対する安倍晋三首相(63)の政治姿勢を念頭に「正直で公正、謙虚で丁寧な政治をつくりたい」と述べ、対決姿勢を鮮明にした。一方、連続3選を目指す首相は11日に地元の山口県を訪れ、出馬に意欲を示す方針。総裁選は両氏の一騎打ちとなる公算が大きく、6年ぶりの選挙戦となる見通しだ。(2面=首相に先手)

 正式な出馬表明は石破氏が初めて。会見では「日本が直面する大きな課題に対応するために設計図を書き換えないといけない。政治が国民に対し、正直に勇気を持って真実を語る姿勢が必要だ」と訴えた。

残り:382文字/全文:678文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る