PR
PR

いさりび鉄道で運休、遅れ システム不具合

 【函館、北斗】10日午前7時55分ごろ、道南いさりび鉄道の五稜郭―七重浜間で、実際には運行していない列車を運行管理システムが感知する「軌道短絡」が発生、五稜郭―木古内間の全線で約2時間半にわたって列車の運行を見合わせた。木古内発函館行きの普通列車1本が運休、普通列車計5本に最大約2時間50分の遅れがあり、約200人に影響が出た。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る