PR
PR

島根原発3号、規制委に審査申請 運転開始時期は見通せず

 中国電力は10日、建設中の島根原発3号機(松江市)の新規稼働に向け、原子力規制委員会に審査を申請した。2011年の東京電力福島第1原発事故当時に建設中だった原発が審査を申請するのは、電源開発大間原発(青森県)に続き2例目。島根3号機は原発本体の工事がほぼ終わり、隣接する2号機の審査が先行していることから、大間原発より早期に審査が進むとの見方がある。

 審査に正式合格しているのは東電柏崎刈羽6、7号機(新潟県)だけで、原発事故後、新たに稼働する初の原発となる可能性があるが、島根県など立地自治体から事前了解を得る必要があり、実際の運転開始時期は見通せない。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る