PR
PR

北海道ワイン 白で金 全国品評会 4部門13銘柄受賞 余市、仁木のワイナリーも

 山梨県で7月に開かれた国内最大規模のワイン品評会「日本ワインコンクール」で、北海道ワイン(小樽)は欧州系品種・白部門で金賞1銘柄と銀賞2銘柄を含めた4部門13銘柄が受賞した。道内の銘柄では唯一の金賞。同社は「今後も高品質なワインを造っていきたい」と喜ぶ。このほか余市町の「平川ワイナリー」が2部門2銘柄、仁木町の「NIKI Hills(ニキ・ヒルズ)ヴィレッジ」が1部門1銘柄でそれぞれ銅賞を受賞した。

 同コンクールは国産ブドウを使ったワインが対象。今年は全国から12部門に787銘柄が出品され、ソムリエやワイン生産者ら25人が審査した。このうち金賞は計22銘柄と全体に占める割合は約3%だった。

 金賞を獲得した北海道ワインの「おたるゲヴュルツトラミネール2017」は、空知管内浦臼町の自社農場で、収穫日を遅らせて糖度が増したブドウを収穫し、小樽市内で醸造した。甘く熟した果実のような香りや芳醇(ほうじゅん)な味わいが特徴だ。ゲヴュルツトラミネールは、世界の有名ワイン産地で栽培される高級ブドウ品種。国内では希少種で、北海道が適地とされる。

残り:238文字/全文:709文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る