PR
PR

中川のマンホール、拓本に 奈良の中田さん 化石の図柄「すてき」

 【中川】全国でマンホールのふたを写した拓本を収集する奈良県の中田芙紗(ふさ)さん(82)が、町内で化石をデザインしたふたから拓本を写し取った。

 四十数年前から、趣味で拓本を集めている中田さんは13年前に、さまざまなデザインのあるマンホールのふたに着目。これまでに北海道から九州まで全国各地を巡り、約200枚を集めており、イベントへの展示依頼もあるほど。最近は遺跡、土器、恐竜をかたどったふたを主に探しており、今回は7月10、11日に中川を訪問。このほか札幌と稚内も訪れた。

残り:183文字/全文:420文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る