PR
PR

今季第1便、稚内に到着 サハリン航路、運航開始

 【稚内】ロシア・サハリン州コルサコフ港と稚内を結ぶ船舶の定期航路の今季の運航が8日始まった。第1便にはロシア人ら計15人が乗船し、定刻よりも早めの午後1時ごろ、稚内港に入港した。今季の定期航路は、ロシア側が運航経費を負担するとして昨年と同型の双胴船で再開。サハリン州の船舶運航会社「サハリン海洋汽船(SASCO)」が、9月22日までの週3回、19往復38便を運航する。

残り:109文字/全文:294文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る