PR
PR

のっぽになったね豆人形 富良野・樹海中生、青エンドウマメ「棒積み」

 【富良野】樹海中(16人)の生徒と教員は、学校農園で収穫した青エンドウマメを乾燥させるため、棒の回りに高く積み重ねる「棒積み」作業をした。

 棒積みは豆を天日で乾燥させる「にお」の一種。樹海中のある東山地区などの農家が古くから続けてきた。同校は農家らの協力で昨年から学校農園で豆を育て、今年は畑約140平方メートルで栽培。天候不順で、実の数や色は良くないが計画通り7月31日に収穫した。

残り:203文字/全文:396文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る