PR
PR

政府、辺野古移設への影響注視 翁長知事死去受け

 政府は、沖縄県の翁長雄志知事が8日に死去したことを受け、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設計画への影響などを注視する。ただ辺野古移設計画については日米同盟を堅持する立場から、引き続き推進していく方針だ。

 防衛省幹部は「立場は対立していたが、翁長氏とは長く仕事を一緒にしてきた」と沈痛な表情。「今後についてはまだ何も言えない」と言葉を濁した。一方で別の幹部は「行政は行政で仕事を進めないといけない」と指摘した。

 外務省幹部は、翁長氏が手続き開始を表明していた辺野古沖の埋め立て承認撤回に対し「これまでと何も変わらない」とした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る