PR
PR

7月、街角景気2カ月ぶり悪化 西日本豪雨で来店客減

 内閣府が8日発表した7月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比1・5ポイント低下の46・6となり、2カ月ぶりに悪化した。西日本豪雨により店舗閉鎖や来店客の減少がみられたほか、猛暑で外出を控える動きも影響した。好不況の判断の分かれ目となる50は7カ月連続で下回った。

 基調判断は据え置いたが「緩やかな回復基調が続いているものの、豪雨によるマインド面の下押しもあり、引き続き一服感がみられる」と表現を微修正した。

 全国12地域のうち、9地域で悪化。中国は6・5ポイント低下の41・2、四国は5・6ポイント低下の44・1。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る