PR
PR

トランプ氏プレート、撤去求める 米市議会、ハリウッド名所

 【ロサンゼルス共同】米ロサンゼルス・ハリウッドの観光名所「ウオーク・オブ・フェーム(名声の歩道)」に設置されているトランプ大統領の星形プレートについて、近郊のウエストハリウッド市議会が7日までに、管理する地元商工会議所などに対し、撤去を求める決議を満場一致で採択した。米メディアが報じた。

 トランプ氏の女性に対する対応などを理由としているが、法的効力はない。同市はリベラル派住民が多く、これまでもトランプ氏を批判してきた。一方、商工会議所側は応じる考えはないと表明した。

 トランプ氏はテレビ番組に出演し、プレートは2007年に設置された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る