PR
PR

「ベルばら」に似た札幌市広報

 札幌市が「広報さっぽろ」6月号の特集で、漫画「ベルサイユのばら(ベルばら)」に似た絵を使い、漫画作者の池田理代子さんの事務所から抗議を受けた。一方、漫画やアニメーションのパロディー(二次創作)作品はコミックマーケット(コミケ)などで販売され、見逃されている。パロディーはどこまで許されるか。著作権が専門の法律家と、大衆文化に詳しい研究者に話を聞いた。(報道センター 本郷由美子)

■公益性ある引用許容を 北大大学院文学研究科教授・押野武志さん
■著作権 市は理解深めて 弁護士・福井健策さん

残り:2589文字/全文:2833文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る