PR
PR

白老のヒグマ、英で新生活 アイヌ民族博物館から譲渡

 【ロンドン河相宏史】胆振管内白老町の一般財団法人アイヌ民族博物館(今年3月閉館)で飼育されていたヒグマ4頭が、譲渡先である英国中部のヨークシャー野生動物公園に到着し、一般公開され始めた。ヒグマが道内から海外へ運ばれて飼育されるのは珍しい。

 ヒグマは雄のリク、カイ、アムと雌のハナコ。空輸で3日に到着し屋内で環境に慣らされた後、1・6ヘクタールの広い屋外スペースに移された。草地で「風呂」もあり、ヒグマたちは水浴びを楽しんでいる。

残り:205文字/全文:420文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る