PR
PR

スザンヌ、復興支援リレーのグランドゴールに歓喜 故郷・熊本復興願う

 タレントのスザンヌが7日、東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催された東日本大震災の被災地をつなぐ復興支援リレー『未来(あした)への道 1000km縦断リレー2018』のグランドゴール式に出席。一緒に走った一般ランナーとゴールを喜び、現在の生活拠点でもある故郷・熊本の復興についても「みなさんに考えていただければ」と来場者に呼びかけた。

【写真】小池都知事からたすきを受け取るスザンヌ

 同イベントには約1600人のランナー・ライダーが参加。7月24日に青森を出発し、東京までの約1300kmの道のりをランニングと自転車で15日間かけてリレー形式でつないだ。最終区間ではそのほか、アーティストのDream Aya、元陸上競技選手の千葉真子氏、元競泳選手の岩崎恭子氏、元車いすバスケットボール選手の根木慎志氏がゲストランナーとして参加した。

 青森から東京までの区間で参加者がつないできたたすきを受け取ったスザンヌは「みなさんでつないでもらったたすきの思いを熊本に帰って、ちゃんと伝えます」と感謝。また、熊本の復興について「わたしにできることを考えてやっていけたらいいなと思います」と熱い思いを伝えた。

 主催者の小池百合子都知事は「(東京五輪は)復興五輪とも言われています。このイベントがその原点になると思います。いろいろな地域の思いを込めて、ここ東京で花開くようにみなさまのご協力をよろしくお願いいたします」と訴えた。

 この日はそのほか、元競泳選手の北島康介氏が来賓として出席した。

【写真】似てる?スザンヌの妹・マーガリン&母・キャサリン
【写真】くびれがキュッ!スレンダーボディを披露したスザンヌ
【写真】スザンヌが写真集で大胆に美背中を披露
夫がJ3選手のスザンヌ妹、月の生活費15万円 W杯直前“サッカー界”の秘密調査
北島康介氏、池江璃花子のアジア大会MVPに期待「複数の金メダルは確実」

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る