PR
PR

知事選立会人足りず開票やり直し 長野県北相木村

 現職の阿部守一氏(57)が3選を果たした5日の長野県知事選を巡り、同県北相木村選挙管理委員会は7日、開票立会人が法定数に満たなかったとして、開票作業を同日にやり直すと発表した。阿部氏の当選は変わらない。県選管は「県内では聞いた事がない。あり得ないミス」としている。

 両選管によると、開票立会人は公職選挙法で3人以上10人以下と定められているが、村の開票所には2人しかいなかった。県が6日に開票結果を確認した際に気付いた。

 村選管は「開票立会人が3人以上必要なことを失念した」と釈明。村内の投票総数は440で、有効投票数は434だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る