PR
PR

日本と南北で遺骨送還の組織を 民間レベルで立ち上げ表明

 韓国で北朝鮮との交流を行う民間団体「民族和解協力汎国民協議会(民和協)」の金弘傑代表らが6日、東京都内で記者会見し、植民地時代に徴用などで日本へ渡った朝鮮半島出身者の遺骨の発掘や返還を進める組織を、南北と日本の民間レベルで立ち上げると表明した。

 金氏は日本政府の協力が不可欠だとし、既に日本の当局者と協議していると述べた。

 金氏は故金大中元大統領の三男で、7月に訪朝し、北朝鮮の「民族和解協議会」と事業で合意。6日の会見には同協議会から委任を受けた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部と、今野由梨・財団法人21世紀日本委員会(東京)理事長が同席した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る