PR
PR

五輪練習用に90施設確保へ 東京組織委、パラは30施設

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、各競技の公式練習会場として、五輪は90施設、パラリンピックは30施設を確保する方針を明らかにした。東京都や区の施設が中心になる予定で、これらは無償で借り受けることができる見通し。事前の設営で2~3週間、撤去に1週間が必要なため、使用期間は計2カ月程度になる。来年4月ごろまでに施設所有者と使用協定を結ぶ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は中央区晴海の選手村から練習会場までは30分以内で移動できることが望ましいとしているが、30分を超えてしまうケースもあるという。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る