PR
PR

JR4社決算、売上高過去最高 訪日客けん引、4~6月期

 本州、九州のJR上場4社の2018年4~6月期連結決算が6日、出そろった。主力の鉄道事業は訪日客の増加がけん引し、売上高は4~6月期としてはいずれも過去最高だった。純利益はJR東海、西日本の2社で過去最高となるなど堅調さが目立った。

 JR東日本の売上高は前年同期比2・0%増の7263億円。純利益は9・4%減の781億円。JR東海は売上高が2・5%増の4482億円、純利益が3・8%増の1226億円。JR西日本は売上高が2・4%増の3611億円、純利益が11・0%増の385億円。JR九州は売上高が4・5%増の989億円。純利益は0・5%減の134億円。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る