PR
PR

女優のんさんが広島に義援金 映画「この世界の片隅に」舞台

 アニメ映画「この世界の片隅に」で主人公の声を担当した女優のん(能年玲奈から改名)さんが6日、広島県庁を訪れ、西日本豪雨の被災者支援のため、義援金の目録を湯崎英彦知事に手渡した。片渕須直監督やプロデューサー真木太郎さんも同席した。

 映画の舞台は、今回の豪雨で被害に遭った広島県呉市。太平洋戦争中の主人公や家族の日常を通して市井の人々の暮らしが描かれている。

 のんさんは報道陣に「お世話になった町が(豪雨で)すごいことになっていて、とても衝撃を受けた。皆さんに元気だけでも届けたい」と話した。

 県によると、義援金は映画の収益の一部という。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る