PR
PR

首相に核禁止条約の批准を要望 被爆者らが面会

 安倍晋三首相は6日、広島市内のホテルで被爆者7団体の代表らと面会した。被爆者側は、昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約への批准を求めたが、首相は「核保有国、非保有国の協力を得ながら、実践的な取り組みを進める」との発言にとどまった。

 広島被爆者団体連絡会議の吉岡幸雄事務局長は面会後、「私たちの要望に聞く耳を持たず、腹立たしい」と不満を隠さなかった。

 首相は面会の場で、原爆の爆風や熱線を受けても枯れずに残っている被爆樹木の保存に、国が支援に乗り出す考えを表明。既に保存に取り組む広島、長崎両市への補助金を、厚生労働省が来年度予算案に盛り込むことを検討する。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る