PR
PR

韓国でも原爆犠牲者慰霊 被爆者暮らす南東部の陜川

 【陜川共同】広島への原爆投下から73年の「原爆の日」を迎えた6日、被爆者が多く暮らしていることから「韓国のヒロシマ」と呼ばれる韓国南東部・陜川で、原爆犠牲者の慰霊式が開かれた。

 韓国の被爆者でつくる「韓国原爆被害者協会」は北朝鮮に暮らす被爆者との交流を目指す趣旨のメッセージを発表予定。

 慰霊式は日本政府の支援で建設され、約100人の被爆者が暮らす「陜川原爆被害者福祉会館」で開催。敷地内に陜川出身の被爆者ら約千の位牌が納められたほこらがあり、周囲に会場が設営された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る