PR
PR

パークゴルフ場近くにクマ 大会の200人、一時避難 置戸

[PR]

 【置戸】5日午前6時ごろ、町拓殖の道路脇にクマがいるのをランニング中の男性が見つけ、町に通報した。現場から約150メートル離れた町営パークゴルフ場では、大会に参加するため集まっていた約200人が場内の施設に一時避難した。

 北見署によるとクマは体長約60センチ。パークゴルフ場は6、7の両日、閉鎖される。周辺には特別養護老人ホームや民家もあり、同署は注意を呼びかけている。

 ゴルフ場周辺では7月26日にも、プレー中の男性がクマのうなり声を聞き、27日に付近をパトロールしていた猟友会のハンターがクマ2頭を発見、うち1頭を駆除していた。(富樫晴香)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る