PR
PR

今だけの輝き その目に 写真甲子園2018 上位入賞校の作品紹介

 上川管内東川町を主会場に7月31日~8月3日に開かれた第25回全国高校写真選手権大会「写真甲子園2018」(東川町、北海道新聞社などでつくる実行委主催)は、応募総数513校から予選を勝ち上がった19校57人が、夏の北海道の自然や住民らにレンズを向けた。

 3日間の撮影競技中、その日のテーマが与えられ、今年はカラーとモノクロの指定も設けられた。

 テーマは「色」「光」「自由」。3人一組のチームは、初日は美瑛町と上富良野町、2日目は旭川市と東神楽町、最終日は東川町を舞台に駆け回り、毎日8枚の組み写真にまとめて公開審査会に提出。合計得点で競った。

 2連覇した和歌山県立神島(かしま)高や、準優勝の神奈川県立横浜清陵高など上位入賞校の作品の一部を紹介し、審査委員長の写真家立木義浩さんの講評とともに大会を振り返る。

■柔軟な思考、視点が決め手 「経験もとに必ず成長」 審査委員長 立木義浩

 神島高の優勝の決め手は、審査委員の講評を聞き入れ、着実に成長したことだ。最終日には飛躍的にいい作品が撮れていた。写真のおもしろさは一瞬を切り取ることにある。事前に決めた構図に固執する高校が目立ったが、神島高は慣れない土地、限りある時間の中で、その場の家族の空気感やリアリティーをうまく捉えていた。

 上位には入らなかったが、岩見沢高等養護学校の作品は気になった。ハンディがあるからこそ健常者にはない視点を持っている。とてもおもしろい作品だった。

 今年からモノクロとカラーを指定した。カラーと比べて情報量が少ないモノクロで撮ることは練習になる。撮影時には、こちらから写真に近寄らなければならない。それがモノクロの良さでもある。

 今回の公開審査会で「苦手なコミュニケーションが克服できた」という生徒がいた。それを生徒の口から聞けたことが非常に良かった。写真甲子園に参加した生徒たちは、ここでの経験をもとに必ず成長していく。それを後輩にも伝えることで、その高校のレベルはさらに上がっていくはずだ。(談)

写真甲子園2018の公式ホームページはこちら

優勝 和歌山県立神島=北海道知事賞
準優勝 神奈川県立横浜清陵=北海道新聞社賞
優秀賞 香川県立坂出商業=東川町長賞、愛知県立豊橋南=美瑛町長賞、埼玉県立芸術総合=上富良野町長賞、沖縄県立浦添工業=東神楽町長賞、東京都立総合芸術=旭川市長賞
敢闘賞 岩見沢高等養護、愛知県立小牧南、沖縄県立真和志、愛媛県立今治北高校大三島分校、埼玉栄(埼玉)、島根県立大田、静岡県立伊東高校城ケ崎分校、道科学大高(札幌)、宮城県農業、大阪市立工芸、千葉県立小金、富山県立富山
町民が選ぶ特別賞 初日 坂出商業、2日目 横浜清陵、最終日 大田
キヤノンスピリット賞 坂出商業

審査委員長 立木義浩(写真家)
審査委員 長倉洋海(写真家)鶴巻育子(写真家)公文健太郎(写真家)小高美穂(フォトキュレーター)野勢英樹(北海道新聞社写真部次長)=順不同、敬称略

主催 写真甲子園実行委員会(東川町、美瑛町、上富良野町、東神楽町、旭川市、北海道新聞社、全国新聞社事業協議会、東川町写真の町実行委員会)
特別協賛 キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る