PR
PR

豪雨土砂災害「夜と朝」に82% 3県犠牲者、大半が自宅

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山、広島、愛媛の3県で、犠牲者が出た土砂災害の発生時間帯は、7月6日夕から翌7日朝までの14時間半に集中していたことが5日、関係当局や遺族、住民らへの取材で分かった。身元が判明している104人のうち、約82%に当たる86人が該当した。大半の71人が自宅周辺で被災していたことも判明し、夜間の避難や情報伝達の難しさが改めて浮き彫りになった。

 岡山、広島両県では6日午後7時40分に大雨特別警報が発表された時間帯以降に当たり、8日午前5時50分発表の愛媛県では、大半の人がこれ以前に災害に見舞われた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る