PR
PR

韓国人被爆者2746人を追悼 広島で慰霊祭

 強制連行などで日本に渡り、広島への原爆投下で亡くなった韓国人を悼む慰霊祭が5日、広島市中区の平和記念公園にある「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」の前で営まれ、1年間で新たに亡くなった12人を加えた2746人の死没者名簿を奉納した。

 韓国人被爆者や遺族ら約300人が参列。チマ・チョゴリ姿の女性らが慰霊の歌をささげ、犠牲者を悼んで黙とうし、慰霊碑の前に献花した。

 韓国から訪れた韓国原爆被害者協会の李圭烈会長(73)は広島で被爆した。「原爆が落ちた日のことを忘れてはならない。韓国から非核化を求めて声を上げ続ける」と話した。

 慰霊碑は1970年に建立された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る