PR
PR

村上春樹さんが初ラジオDJ 「書き方は音楽から学んだ」

 「僕は文章の書き方は音楽から学んだ」―。作家の村上春樹さん(69)が初めてディスクジョッキー(DJ)を務めたラジオ番組「村上RADIO~RUN&SONGS~」が5日、TOKYO FMなど全国38局で放送された。村上さんは、ランニングの際に聴くという海外のロックを中心に曲をかけ、書くことと音楽の深い結び付きについて語った。

 番組では、ジョージ・ハリスン「絶体絶命」など、音楽通ならではのカバー曲を紹介。

 村上さんは「リズムとかハーモニーとか、そういうことを意識して、フィジカル(肉体的)に書くという傾向が強い」と、執筆スタイルを音楽に学んだことを強調した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る