PR
PR

岡山・真備の浸水5.4メートル 西日本豪雨、土木学会が現地調査

 西日本豪雨の被災状況を調査している土木学会が4日、広島市内で記者会見し、大きな浸水被害があった岡山県倉敷市真備町地区では、浸水の深さが最大で約5・4メートルに達していたと明らかにした。水深5メートルを超えたのは地区の中心部で、南北1キロ、東西3・5キロの範囲に及んだと推定した。

 土木学会によると、一戸建て住宅の2階まで水位が達することになり、調査団メンバーの前野詩朗岡山大教授(河川工学)は会見で、「1階から2階への避難も難しかったと思う」と指摘した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る