PR
PR

島牧の住宅街でクマ目撃相次ぐ 屋外の冷蔵庫に足跡か

 【島牧】後志管内島牧村の住宅街で4日もクマの目撃情報が相次いだ。活動が夜間に集中していることなどから、捕獲は容易でなく、警戒を緩められない事態が続いている。

 4日午前3時30分ごろ、同村原歌町の住宅地で村民がクマ1頭を目撃。寿都署員が近くの住宅で、敷地内のいけすを囲う柵が倒されているのを確認した。いけすのそばにある冷蔵庫の扉にはクマの足跡と見られる傷があったという。住宅に住む男性(70)は同日午前2時ごろに屋外で大きな音がしたと言い、「村内でクマのふんや足跡はよく見るが、今回のような騒ぎは初めて」と驚く。

 この地点から約2キロ離れた同村元町では2、3の両日、クマが漁船に乗り込んでえさを食べたり、住宅の敷地内に侵入したりしている。

残り:296文字/全文:615文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る